Takashi Tajima is the first player in Japan who can play frame drums of the world.
He has mastered keyboard instruments, wind instruments, stringed instruments and percussion instruments since childhood, and was also composing music from an early age.
He used own experience to construct his original playing methods and instruments, and expressed music with an unprecedented methodology.
One day he made a special tambourine....pitch bend of two octaves or more, snare system and jingles control.....etc
Its tambourine have the sound of a drum set and a variety of other percussion instruments, and furthermore got a scale and melody.
He held a solo recital with using original tambourine and world frame drums.
On the other hand, he works with various musicians, including jazz, baroque music, rock, classical music, tango, European folk music and Japanese classical music.
He has classrooms to learn frame drums of around the world, and also has workshops for create the Portuguese frame drum "adufe".
And he is a member of various Festival, including The World Frame Drum Festival "Tamburi Mundi".

田島隆は、世界各国のタンバリンやフレームドラムを演奏できる日本で最初の演奏家です。
幼少期より鍵盤楽器、管楽器、弦楽器、打楽器を習得し、また作曲もしていました。
その経験を生かして独自の演奏方法や楽器を製作し、かつてない方法論で音楽を表現しました。
ある日、彼は特別なタンバリンを作りました…2オクターブ以上の音域、スネアシステムとジングルコントロール……など
そのタンバリンはドラムセットや他の様々な打楽器の音を持ち、さらにスケールとメロディーを獲得しました。
そしてオリジナルのタンバリンと世界のフレームドラムを使ってソロリサイタルを開催しました。
その一方で、彼はジャズ、バロック音楽、ロック、クラシック音楽、タンゴ、ヨーロッパのフォークミュージック、そして日本の古典音楽を含む様々なミュージシャンと仕事をしています。
彼は世界中のフレームドラムを学ぶための教室を各地で持っており、またポルトガルのフレームドラム「adufe」を作るためのワークショップを持っています。
そして、ワールドフレームドラムフェスティバル「Tamburi Mundi」を含む様々なフェスティバルのメンバーです。